【 札幌市中央区 構造見学会 】

この度、パッシブシステム換気採用住宅の構造見学会を
お客様のご厚意にて開催いたします!

最強寒波襲来中の一番寒い時期だからこそ

ぜひ暖かさを体感していただきたく思います。

事前のご予約も受け付けております

お気軽に当社までお問い合わせください^^

お問い合せ 0134-32-3600

 テーマ 暮らしに合った熱源はなに?
~暖房・給湯の燃料費は世界情勢に直結~

日時
2017年12月2日(火)
場所
札幌エルプラザ
2階 環境研修室1
講師
専門会員
株式会社江田建設 江田 清三

 

 

 

北海道のエネルギー消費量の半分は暖房が占めており、家庭のエネルギー消費量も半分は暖房です。ただ、この暖房の占める割合は年々減ってきています。

今月の勉強会は、そんな冬の関心事の燃料費に大きく関わるテーマを題材に
「暮らしに合った熱源はなに?」です。

講師は、弊社代表の江田 清三が務めさせていただきました。

いま、住宅で採用されている熱源は「灯油・ガス・電気・ペレット他」のいずれかです。
その中でも代表的な「灯油・ガス・電気」をメインに説明しました。


  灯油では、従来ボイラーの捨てていた廃棄熱の再利用によって灯油の消費量を減らした
高効率温水暖房ボイラー『エコフィール』

 ガスでは、『エコジョーズ『コレモ』『エネファーム』各々の説明と、導入時の補助金、ランニングコスト比較。また、最近では電気とガスの光熱費の安い方に自動で運転切替が行われる『新型ハイブリット』も登場しています。

【エコジョーズ】

一台で給湯と暖房の2役を兼ねる

【コレモ】

エコジョーズとの併用で使用。暖房使用時のガスで発電し、その時に出る発電熱を給湯に利用。
(ただし、お湯を使用しないと発電しない)
札幌市の補助金制度有り※予算枠を超えた場合は抽選

【エネファーム】

都市ガス(天然ガス)を使って発電し、その時に出る発電熱を給湯に利用。
(ただし、お湯を使用しないと発電しない)
国と札幌市の補助金制度有り※予算枠を超えた場合は抽選

【新型ハイブリット】

エコジョーズと空気熱のヒートポンプの組み合わせで給湯と暖房に使用。
料金と機器の効率に合わせて、昼間の給湯はエコジョーズ。
暖房はエコジョーズとヒートポンプの自動切換え運転。
深夜の給湯はヒートポンプなど自動で最適運転採用。


 電気では、『地中熱ヒートポンプ(冷暖房)』に関する説明をしました。

【地中熱ヒートポンプ】

北海道の冬はマイナス10℃以下になり、外気熱利用のヒートポンプよりは
地中のプラス10℃の安定した熱を利用する方が省エネになります。
使用する電気の約4倍の暖房エネルギーが得られます。※空気熱ヒートポンプは約2倍
国の補助金制度有り


5~10年後、またその先のエネルギー事情は誰にもわかりません。

増え続ける世界のエネルギー消費量
枯渇するかもしれない化石燃料
不安定な原油価格
エネルギー消費による環境への影響

価格変動に強い熱源(単独か?併用か?)を選ぶことです。

家を建てる時にどの熱源にするか迷うお客様がほとんどであり
選んで建てても思わぬ値上げになることもあります。

勉強会で繰り返し教えているのは、家の断熱・気密性能を正しい知識と確かな技術で施工し、熱源の変化にも対応できるよう、ワンランク上の省エネ住宅を建てることです。

施主様も家に関する正しい知識を持ち、尚且つ、業者選びが最も重要です。

2016年に完成したパッシブ換気システム住宅

お客様のご厚意にて、いま現在、実際にお住まいされているご自宅を訪問し、
冬の一番寒いこの時期に室内がどれほど暖かくなるのか、実際に体験することが可能です。

住宅購入を検討されている方にとっては、実際にお住まいされているお客様の
リアルな声が聴ける貴重な機会となりますので、参考になることが多いと思います。

【 場 所 】 小樽市
※詳細住所につきましては、個人情報保護のため見学日程決定後にお知らせします。

【 日 程 】 ご希望の日程を弊社までお知らせください。
双方お打ち合わせの上決定します。

【お申込み】  株式会社江田建設 電話 0134-32-3600
あたたかさ体験住宅希望!とお伝えください^^

家づくり検討段階から完成後のアフターフォロー。
その他、家づくりに関する不安がありましたら、その場でお気軽に弊社担当者にご質問ください。可能な範囲でお答えいたします。

今日はうれしいお知らせを皆様にお届けしようと思います^^

当社も所属し会員である、特定非営利活動法人パッシブシステム研究会が

第9回さっぽろ環境賞にて【 優秀賞 】を受賞しましたのでご報告です。

詳細は以下の札幌市ホームページにてご確認ください。

札幌市 第9回さっぽろ環境賞

 

ホームページ限定公開!!!

 

札幌市中央区 デザイン住宅 完成現場見学会のご案内です^^

この度、施主様のご厚意で開催させていただくことになりました。

見所豊富なお家をゆっくり見て頂くため、今回は、完全予約制とさせていただきます。

弊社は、ネット・ゼロ・エネルギーハウス「ZEHビルダー」

北海道住宅履歴システム「きた住まいる」登録業者です。

パッシブ換気住宅や長期優良住宅、BELSなど
省エネ新築住宅に関する技術向上に日々努めております。

家づくりの初期段階の検討方法はもちろんのこと
一番重要な住宅性能や省エネルギーに関する事。
” 家 ” に関する事すべて、この完全予約制という機会に
じっくりご相談いただければと思います。

なお弊社は、お客様より希望がない限り電話をかけたり
よくあるしつこいダイレクトメールなど追っかけ営業は一切行いません。

皆さまからのご予約お待ちしております。

平成29年 第1回パッシブシステム・市民セミナー
「自然エネルギーを利用したパッシブ換気の今、そして未来」を開催します。


時 間 :10月7日(土)午後1時~4時
場 所 : 札幌市立大学サテライトキャンパス
      札幌市中央区北4条西5丁目
      アスティ45 12階
参加費 : 無料 定員60名

大規模な自然災害や地球エネルギーバランス変動のニュースを多く聞くようになる中、『自然エネルギーを利用したパッシブ換気の今、そして未来』(パッシブシステム研究会が目指すパッシブデザインとは)をメインテーマに、自然の力を利用するパッシブ換気や夏の暑さを和らげる緑のカーテン、冬の暖房負荷を低減する効率的な日射取得など、高性能な住宅だからこそ可能になる旬なパッシブ技術について紹介します。

・北海道科学大学 工学部 建築学科 教授 福島明様
「断熱・気密化の変遷とパッシブ換気の今、そしてこれから」

・(有)奈良建築環境設計室  室長 奈良顕子様
「パッシブ換気、パッシブデザイン住宅設計・施工の実際。パッシブ換気システム採用にあたってのお施主様のチェックポイント 」

・札幌市立大学デザイン学部・大学院デザイン研究科 教授  斉藤雅也様
「開口部を上手にデザインするパッシブのヒント、知恵を考える(夏の高窓利用、通風、防暑、日射取込み、日射遮蔽等) 」

・北海道大学大学院工学研究院 助教 菊田弘輝様
「超高性能パッシブ換気住宅に適用した最新技術の紹介」

最後に、福島様をコーディネーターに講師の皆様によるパネルディスカッションと、参加者様との質疑応答を行います。

参加ご希望の方は以下のご案内をダウンロードし、裏面の参加申込書に必要事項を記入の上、10月5日(木)までFAXでお送りください。

ご案内(参加申込書)ダウンロード(Wordファイル)

お問い合わせ・お申し込みはNPO法人パッシブシステム研究会事務局
(TEL.011-213-7547 FAX.011-213-7548)まで

28年度より始まっている『ZEHビルダー登録制度』

当社でも実績報告を行いました。

年度末にZEHビルダーの登録決定通知を受け取りましたので
残念ながら、28年度は実績はゼロという結果です。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)に興味を持たれた方は
お気軽にお問い合わせください。

当社では何年も前から「北海道の家づくりを学ぶ会」旧欠陥住宅を考える会の専門部会会員として活動してまいりました。

10月10日(土)13:00~15:30迄 札幌エルプラザ2F環境プラザ環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目)にて

一般市民対象に「素人だから知らなかった!と後悔しないために」のテーマで勉強会がございます。

 

北海道の秋は穏やかで過ごしやすくスポーツを楽しみ、豊かな実り、紅葉の素晴らしい自慢の季節です。

ですが最近は天候の変動が大きく災害が日本中で起き、けっして他人ごとではありません。

家は家族の命と財産を守る場所、そのためにもマイホームが建つ地域、災害予測に対してどのような家なのかを知っておくことは、災害時に いち早く行動を起こす計画を家族と確認することができます。

等々、理由は色々ありますが建てて良かったと思える家づくりを考えている会です。

是非、お時間がございましたらいらして下さい。

詳細は別紙パンフレットをご覧ください。

お申し込みはEーmail:hokkaido-ie@info.email.ne.jp

TEL/FAX011-871-4886

北海道の家づくりを学ぶ会 事務局

1

 

 

9月12日13日完成見学会が無事終わりました。

まず、チラシの内容に2箇所も間違いがあったことをお詫び申し上げます。

そのことで、ご不快な思いをされた方もいたと思います。

本当に申し訳ございませんでした。

それにも関わらず沢山の方々に来て頂き、誠にありがとうございました。

2日間とも雨の予報でしたが、濡れるほどではなくて、建物をご覧になった方々の反応

も上々で、建物の特徴でもある道産カラマツの無垢材とデマンド換気によって湿度を夏冬

共に快適に過ごせるよう自動調整した健康住宅の良さを体感して頂けたと思っております。

又、新たらしいご縁も生まれて、日々精進してまいりますので、変らずご支援のほど宜

しくお願い申し上げます。

IMG_2958_R

見学会風景

 

 

皆さんこんにちは。

今年の夏は暑いですね。例年以上に蒸し暑く感じます。

そんななか、江田建設の熱い施工事例2件をギャラリーにアップいたしました。

どちらも札幌市内のパッシブ換気の家!

No13gaikan

 

 

 

 

 

 

雪景色がとてもよく似合う、三角屋根の落ちついた外観。

No14gaikan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発展する街に建つ家。

個性は違いますが、どちらも江田建設のパッシブ技術が投入された
素晴らしい2邸です。

こちらからご覧ください。
http://edakensetsu.com/gallery/index.htm