ZEH目標公表資料

経済産業省 資源エネルギー庁は、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。
江田建設では、普及目標を設定し、ZEHビルダーに登録されています。

実績報告及び今後のZEH普及目標

  2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2025年度
目標値 新築 0% 20% 20% 40% 50% 50%
既存改修 - - - - - 50%
合計 0% 20% 20% 40% 50% 100%
実績値 新築 0% 0% 0% 0% 0%  
既存改修 - - - - -  
合計 0% 0% 0% 0% 0%  

弊社では、2016年度よりZEHビルダー登録を行い、ゼロエネルギー住宅の推進に努めています。
当社の施工地域は落雪屋根にするには敷地が狭く、太陽光を設置するには不向きであり、ZEHの建築条件が揃いにくいという難点があります。残念ながら、昨年度も実際にZEH条件での完成物件がなく、目標値には未達という結果となりました。
今年度も、引き続き注文住宅においてZEHの周知・普及に取り組んで参ります。

具体的な普及策

ZEHの周知・普及に向けた具体策

既存の一般型住宅を比較対象とし、コストや性能を目で見て分かりやすくシュミレーションしたパンフレットを作成し、周知・普及を目指す。

ZEHのコストダウンに向けた具体策

年間のZEH計画を明確にし、協力業者と戸別ではなく年間の事業としてコストを算出し、全体でのコストダウンを図る。取引業者を一本化し、パッケージプランなどを盛り込むことでコストダウンを図る。

その他の取り組みなど

協力業者への勉強会などを開催し、コスト面重視により良いものを活用し、省エネ住宅はローコストでも建てられる事を理解させる。結果として、業者からのVE案が増加する。

ZEH Builder ZEH28A-05580-CR 「ゼロエネルギーで、暮らそう。」

江田建設は「BELS工務店」です。

BELSとは
「建築物省エネルギー性能表示制度」のこと。

建築物のエネルギー消費性能の表示に関する指針に基づき、新築・既存の建物において、第三者評価機関が省エネルギー性能を評価し認定する制度であり、評価対象は外皮性能、一次エネルギー消費量で、省エネ性能のランクに応じて5 段階の星マークで表示されます。認定を受けることで第三者機関によって客観的かつ公平に認められた住宅として評価されます。

江田建設は地域型住宅グリーン化事業の構成員です。